読書

童門 冬二 著 『武蔵の道』 小学館

最近のわたしは、はちょっと時間的余裕ができたので
読んでいる本を紹介していきましょう。

武蔵

武蔵

価格:1,890円(税込、送料別)



この著者の文体はどれもリズミカルで非常に読みやすい。
で、歴史的背景もしっかり描写しています。
なおかつ、
戦略的イメージ=読んで役に立ったような気にさせる。
技術に富んでいると思います。

小泉総理の時には『小説 上杉鷹山』が有名になりましたね。
米100俵が有名。
『為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり』
もそうですね。

両方とも、一読おすすめ。
スポンサーサイト


わたくし的 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/06/07(月)18:10

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

プロフィール

showdesign

Author:showdesign
『まろいえ』  管理人です。
しょうせっけい
で本業のホームページにヒットします。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード